バイオリンの構え方―弓の持ち方1・理想の形

前回お話しましたように、
バイオリンの構えはシンメトリーでないので、
不自然の中に自然さを求めることが必要となります。

では、自然さとは何でしょう・・・

これはバイオリンに限らず、あらゆることに言えるのですが、
究極は、脱力状態です。

バイオリンをやっていくとわかるのですが、
左手よりも右手(弓)の方が数倍難しいです。

ですので、早めに良い弓の持ち方のクセをつけることが
とにかく大切になります。

いろいろな参考書やレッスンを受けていると、
大抵、画一的に同じような弓の持ち方にしようとします。

一人ひとり、手の大きさ、指の長さが違うのにです。
それはあまりにも、無理があります。

それぞれに合った、理想の、脱力した弓の持ち方があるのです。

では、それはどういったものか?

まず、右手を下にぶら~んと完全に脱力して、ぶらぶらさせてください。

その状態のまま、すっと上に手をあげてみてください。

すると、下の写真のようになると思います。

そのままの状態で、手首を柔らかく、手の甲を上に向けると

このような形になると思います。

理想を言えば、このままの形で弓を持ち、弾くことが一番自然な状態となります。

・・・とはいえ、最初からそうできたら苦労しないので、
次回から、この形になるために
順を追ってご説明したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です