おとな音楽院|池袋・新宿・渋谷・吉祥寺のピアノ・バイオリン・サックス教室

池袋、新宿、渋谷などの音楽教室。個人レッスンのほか部活の一員となり、みんなで音楽をたのしんでいきます。ピアノ、バイオリン、フルート、サックスなど12コース!

 TEL:03-6780-7777
 FAX:03-6780-7677
 Mail: info@otona-music.com
 本社:〒173-0037
  東京都板橋区小茂根1-32-22-702
 (株式会社カデンツァ内)
  TEL:03-6780-7577
バイオリンの構え方ー弓の持ち方5・人差し指

バイオリンの構え方ー弓の持ち方5・人差し指

続いての指は、人差し指です。

この指は、弓の圧力を調節する上で、
最も大切な指です。

また、バイオリンのボーイングの難しさの一つは、
絶えず圧力を変化させ、
その時にあった最適な圧力をかけることです。

その微妙な役割をするのが人差し指です。
(微妙は、うわ~(失笑)、って意味ではありません・・・)

それでは、人差し指の置き方ですが、
これは、いろんな流派があるとかどうとか、
参考書等を見ると書いてありますが、
正直、流派とかどうでも良いです。

大切なことは、その人その人に合った持ち方をすることです。
特に人差し指は、手の大きさ等に影響されますので、
自分に合った持ち方を研究しましょう。

弓に当てる部分は、第一関節から第二関節の間になります。

この際、やはり人差し指と中指の間に
自然な間隔ができることが大切です。
離れすぎず、つき過ぎずです。

また、指は、弓に軽く巻き付ける感じが良いでしょう。

たまに、世界的なバイオリニストの演奏を見ていると
人差し指を伸ばして弾いている人がいますが、
初学者は特に、絶対にそれをマネしてはいけません。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です