おとな音楽院|池袋・新宿・渋谷・吉祥寺のピアノ・バイオリン・サックス教室

池袋、新宿、渋谷などの音楽教室。個人レッスンのほか部活の一員となり、みんなで音楽をたのしんでいきます。ピアノ、バイオリン、フルート、サックスなど12コース!

 TEL:03-6780-7777
 FAX:03-6780-7677
 Mail: info@otona-music.com
 本社:〒173-0037
  東京都板橋区小茂根1-32-22-702
 (株式会社カデンツァ内)
  TEL:03-6780-7577
バイオリンの構え方ー弓の持ち方6・小指

バイオリンの構え方ー弓の持ち方6・小指

最後に小指です。

小指は弓の上にそっと乗せるように置きましょう。

これも絶対に伸びたり、つっぱったりしてはいけません。

小指の役割は、弓元での微妙な弓のコントロール、
そして、空中での弓のバランスをとることです。

弓先では、無理に小指を弓に触らせておく必要はありません。
もちろん、リーチに余裕があれば
そのまま乗せておいた方が良いですが、
変な動き・形になるくらいなら、離した方が良いです。

実際、弓先での小指の役割はほとんどありません。
(スピカートなど、弓を飛ばす場合は別ですが・・・)

初学者の方は、特に最初、小指に無駄な力が入る傾向があります。

それは、上述のように、小指は空中でバランスを取る役割がありますので、
当然、最初に弓を持って、弦に弓を置くまでは
空中を動かすことになります。

その間に小指に力が入り、
そのまま弾いてしまうのが、原因の一つです。

ですので、弓を持って、弦の上に置いたら、
力を抜いて、それから弾き始めることも大切です。

これで、全ての指の説明が終わりました。

最初にお話ししたように、
これはあくまで、理想に近づけるための
便宜上の説明です。

脱力した自然の形で弓を持ち、弾けるのが
最も理想的ということを
常に頭において練習してください。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です