バイオリンの構え方ー左手の押さえ方1・理想の形

次に左手の押さえ方について
一つ一つ説明していきたいと思います。

「弓の持ち方」でも書きましたが、
バイオリンは、左手より弓の方が数倍難しいです。

しかし、初学者の方には特に、
最初、左手が困難に感じることがあります。

それは、大まかに2つ理由があります。

まず左手の押さえ方が
普段使わない筋肉を多く使うため、
その筋肉が最低限備わるまでは、
形を維持するのが少々辛いからです。

もう1つは、バイオリンには
ギターのように、フレットがないため、
音程を自分で作っていかなければならないことです。

ですが、その2つとも正しい練習で慣れてしまえば、
そんなに大したことではありません。
(音程の問題は一生ついてまわりますが・・・)

では、まず弓の時と同様に、
左手の理想の形をご説明いたします。

これも、弓と同じように、
まず左手を下にぶらーんと、完全に脱力し、
そのまま手を上にあげ、
そして、さらに手の平が、外を向くようにします。
すると、

こんな感じになるかと思います。

この形をベースにして、左手を押さえていくのが理想の形です。

次から、一つ一つ理想的に押さえるための説明をしていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です