バイオリンの構え方ー左手の押さえ方2・ネックの触り方

それでは、左手の押さえ方のご説明をします。

まず大切なことは、
“左手でバイオリンを持たないこと”
です。

バイオリンを持つのは、肩とアゴであって
左手で持つことは絶対にしません。

左手はネックに“触っている”というのが正しいです。

では、ネックの触り方ですが、
理想の形の状態で、
親指の第一関節あたりと、
人差し指の根元から第二関節の間あたりで、
ネックをはさむように触るのが良いでしょう。

これも各人、手の大きさ等に差がありますので、
一概に「必ずココ」というのはありません。

良い指導者とともに、最適な場所を見つけていきましょう。

また、これも大切なことですが、
ネックをはさみ、親指と人差し指で
V字ができることもとても重要です。

必ずスキマができるように触りましょう。

上から見ると、

こんな感じです。

次から、実際の左手の押さえ方をご説明していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です