バイオリンの構え方ー左手の押さえ方5・弦を押さえる位置

それでは、前回の手の形を意識しながら、
指のどのあたりで弦を押さえるのか説明いたします。

これも、単音なのか重音なのか、
またポジションによって、
押さえる場所が変わりますので、
都度、あった場所で押さえるべきです。

とはいえ、だいたい基本的に、
この辺、というのはありますので、
それを念頭に考えてみてください。

弦を押さえる場所は、各指
腹に近い方で押さえた方が良い音がでます。

あまり先すぎると肉が薄く、
ほぼ骨なので、
弦をしっかりキャッチすることが難しくなります。

ですので、指の関節が伸びない程度に、
腹の肉厚の部分で押さえた方が良いでしょう。

筆者は、だいたい単音で1st~3rdポジションのみの場合、
少し弾くと、写真の線の部分に跡がつきます。

重音やハイポジションを使うと、
また違う場所に跡がつきます。

目安としては、”しばらくすると跡が消えること”です。
跡がずっと消えない場合は、
指の先過ぎるところで押さえている場合です。

良い場所で押さえると、
楽に、また、より良い音が出るようになりますので、
しっかりと正しい場所で押さえ
また、前回の手の形が崩れないように
練習してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です