おとな音楽院|池袋・新宿・渋谷・吉祥寺のピアノ・バイオリン・サックス教室

大人のための音楽教室。個人レッスンのほか部活の一員となり、みんなで音楽をたのしんでいきます。ピアノ、バイオリン、フルート、サックスなど12コース!

 TEL:03-6780-7777
 FAX:03-6780-7677
 Mail: info@otona-music.com
 本社:〒173-0037
  東京都板橋区小茂根1-32-22-702
 (株式会社カデンツァ内)
  TEL:03-6780-7577
ピアノー右手と左手を別々に動かす練習1

ピアノー右手と左手を別々に動かす練習1

それでは、これから
いくつかのパターンを提示していきますので、
右手と左手が「別々に」動く感じをつかんでください!

まずは、下の楽譜を弾いてみてください。
(楽譜の読み方、鍵盤の位置がわからない場合は、
 いますぐ検索!です・・・)

これは比較的簡単に弾けたのではないでしょうか??

まずは、前回お話したように、
右手と左手を別々に横のラインで見るのでなく、
縦のラインで見て、右手は弾くのか?左手は弾くのか?
と、旗揚げゲームのように考えます。

これは、赤線で書いたように、
縦割りにしたときに、右手も左手も同時に全て弾きます。
ですので、比較的簡単にできるかと思います。

では、この楽譜をしっかりと止まらずに弾けたら、
そのまま次のパターンにいきましょう。
(※必ずゆっくり弾いてください。
 ゆっくり正確に弾くことは、とても大切なことです)

さあ、今度はいかがでしょう?
今回のは、右手と左手が「別々に」動く形になってます。

同じように、縦割りで考えたときに、

赤線のところは、右手も左手も弾く、
青線のところは、右手は弾くけど、左手は離さない、
という動作になります。

このように縦割りで考えると、
左手は動かないところがあるように感じるかもしれませんが、
「鍵盤から指を離さない」
という動作をしていると考えてください。

次は、逆のパターンで

右手は弾かないけど、左手は弾く、
という動きになっています。

これも縦割りで考えて、ゆっくりと弾いてください。
ゆっくり何回も弾いて、少しずつ速くしていきます。

その繰り返しが大切です。

大抵の曲が、このように縦割りで考えていけば、
今まで感じていたような、
右手と左手を別々に動かす、
という感じがなくなるのではないでしょうか?

次から、もっと別のパターンをやっていきたいと思います。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です