ピアノー右手と左手を別々に動かす練習2

それでは、次のパターンにいきましょう。

まず、前回同様、次の楽譜から少しずつ変えていきます。

これの、右手と左手、両方とも1拍・2拍目をくっつけて、
2分音符にしてしまいます。

これも、特に難しいことはないかと思いますが、
リズムがずれないように気をつけてください。

次に、右手だけ3拍・4拍目をくっつけて、
2分音符にしてしまいます。

これもしっかり弾けるまで練習してください。

次に、

赤丸で囲った部分をつなげて、付点音符にしてしまいます。

これはリズムが正確にできるまで、しっかり練習しましょう。

同じように左手だけ、3拍・4拍目をくっつけて、
2分音符にしてしまいます。

これも同様に、

赤丸で囲った部分をくっつけて、付点音符にします。


これもリズムがくずれないよう弾けるまで、
しっかり練習しましょう。

この付点音符のパターンは、
これからいろいろな曲を弾いていく上での
基本となる動きですので、
しっかりと、ある程度速く弾けるようにしましょう。

このリズムパターンに慣れることは
すごく重要なことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です