ピアノー右手と左手を別々に動かす練習4

それでは、続いてのパターンに行きましょう!
今回のパターンも非常に重要なリズムです。

シンコペーションと言われるリズムで、
クラシック、ジャズ、ポップスなど
何をやるにしても、必ず出てくるリズムです。

まずは、ゆっくりとこの感じをつかみましょう!

では、いつも通り、次の楽譜を使います。

今回は、まず左手だけ、1・2拍目、3・4拍目をくっつけて、
2分音符にしてしまいます。

次に、

赤丸で囲まれているところをくっつけて、
2分音符にしてしまいます。

これでシンコペーションのできあがりです!
ゆっくりやると、それほど難しく感じないと思いますが、
速くなっていくと、こんがらがりますので、
まずは、しっかりゆっくりのテンポで確実にできるようにしましょう。

同様に、逆バージョンにいきます。
今度は右手を2分音符にします。

これの、

赤丸の部分をくっつけて、
2分音符にします。

このシンコペーションの右手、左手、両方とも、
しっかりとできるようにしましょう。

このような単純な楽譜で、
まずリズムをしっかり身に付けることは
非常に大切なことです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です