ジャズ・バイオリン練習方法6

ジャズ・バイオリン練習方法をアップいたしました。

ぜひご参考にされてみてください!

View this post on Instagram

ジャズバイオリン練習法6🎻 前回のブルーススケールを使って、 ジャズ特有のリズムを練習していきましょう😊 ジャズは音使いもそうですが、 リズムが難しそう、、 と思われてる方も多いのではないでしょうか?? . . .確かに独特のリズムがあり、 これを体に染み込ませるには練習あるのみです・・・ . . .とはいえ、その正体がわかってないと練習のしようがありませんからね💦 ジャズ独特のものとして、 「スウィング」があります! スウィングとは、 8分音符を8分音符の音価(=音の長さ)で弾かないことです! 8分音符を、よくあるクラシックの音価で弾くことを「イーブン」と言います^_^ イーブン、タタタタ、と弾かず、 スウィング、タータタータ、と弾く。。 . . .ただ、このスウィングはどれくらい音を伸ばすかは、 正解がないのです💦 巨匠の演奏を聞いても、皆スウィングの仕方が違います。 ジャズらしいのですが、 その人がいいと思ったものが正解です😅 いろいろな人の演奏を聞いて、 自分でもいろいろ試し、 一番カッコいいと思うスウィングの仕方を、見つけてください😊 今日はここまでにいたします😊 #ジャズ #バイオリン #ジャズバイオリン #ジャズ練習方法 #左手練習 #リズム練習 #スウィング #スケール練習 #ジャズで使うスケール #ジャズバイオリンを広めたい #ジャズ好きとつながりたい #ブルース #ブルーススケール #Amブルーススケール #ウィッグですから #コスプレバイオリニスト #jazz #violin #jazzviolin #practice #music #howtojazz #howtojazzviolin #blues #bluesscale #swing #rhythm #バイオリン好きの人 #音楽好きな人と繋がりたい #リズム難しい

A post shared by Shinsuke Sudou (@violin_shinsuke) on

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です